記憶

最高のストレス対策は、記憶力を高めること? 記憶とストレスの関係って?

更新日:

記憶 ストレス

強いストレスは様々な病を引き起こします。

ある程度のストレスは必要とはいえ、過度のストレスは心身ともに良くないですよね?

ストレスを何とかしたいと考えている人も多いと思います。

その一方で「こいつストレスなさそうだな」という人っていませんか?

同じような嫌な目に合っているのに全然気にしていなかったり、全く動じなかったりしている人って、羨ましくもあり「なんでなんだ?」と不思議ですよね。

ストレスを感じる仕組みとは?

ストレスとは、新しいことを経験したときに生じます。意外に思われるかもしれませんが、嫌なことを経験する以外にも、引っ越しや結婚といったプラスに思えることでも生じるのです。

過去に前例のないものに対して、「おい、これは初めてだぞ」と脳がストレス反応を引き起こすのです。

実は「ストレスの強さ」と「記憶」には深い関係があるのです!

記憶力が良くなると、ストレスに強くなる

では、記憶力が良いこととストレスの強さにはどう関係するのでしょうか?

単純に言えば、記憶力が良いと脳がストレスに慣れてしまうのです。

たとえば、結婚式のスピーチを思い出してください。したことある人ならわかると思いますが、ものすごく緊張しますよね。

みんなの視線を一新に浴びて言葉を発する。その日はすごいストレスを感じるはずです。

ですが、結婚式のスピーチは初めてでも、スピーチ自体をしたことある人は多いのではないでしょうか。

「結婚式のスピーチをするけど、会社の挨拶のときみんなの前で話したことあるなあ」という風に脳が関連づけられると、一気に気が楽になるはずです。

記憶力が良くなければ、そういう風に関連付けられることができません。

よって、強いストレスを感じてしまうのですね。

まとめ

記憶とストレスの関係性について納得いただけましたでしょうか?

ストレスを感じるのはそれが「未知」であるからで、記憶力は「未知」を「既知」なものに近づけてくれます。

知っている人と合うのと、知らない人と会うのでは、後者の方がストレスを感じますよね。でも、その知らない人が「黒柳徹子に似ているよ」と言われたら、「ああ、そういう感じの人か」と少しは楽になりませんか?

もし、ストレスを感じやすいのであれば、ストレスをを感じるものを記憶と結びつけてみてもいいかもしれません。

広告

-, 記憶

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.