睡眠

【酒飲み必見】寝る前にお酒を飲むのは良いの?悪いの?

更新日:

お酒と睡眠の関係

こんにちは、nemuiです。

さっそくですが、あなたはお酒好きですか?

寝る前のお酒ほど美味しいものはないですよね。くたくたに疲れて帰ってきた仕事終わり。プシューっと缶ビールを開けて、グイグイと飲み干す。

まさに至福の一言と言っていいでしょう。

会社の同僚や上司、気の良い仲間とどんちゃん騒ぎながらする飲み会も楽しい。

でも、だいたいお酒を飲むときは夜。

朝、自分のデスクについて「さあ、仕事を始めるぞ」というときに、「昼休み、飲み行こう」と同僚から誘われたら「は? ふざけてるのか」と思いますよね。

夜にお酒を飲むということは、当然、アルコールが抜けていない状態で眠ることになります。

お酒を飲む生活を続けていると二日酔いになったり、朝どうも体が重いってことも……。

「お酒が抜けていない状態で眠るのって体に良いの?」

そんな疑問を抱いた人もいるのでは?

というわけで、「眠る前にお酒を飲むのが良いのか?悪いのか?」について調査しました!

お酒には入眠効果がある?

実は「お酒には入眠効果がある」と言われています。

お酒を飲むと、スーっと眠れるようになるのですね。

僕が小学生くらいのときも、よく母親が寝る前にお酒を飲んでいました。

「お酒を飲むとすぐ眠れる」なんて話を聞いたことがあるかもしれません。

だから、眠れないときはお酒を飲んだ方がいいというのは確かなのです。

じゃあ「どんどん飲もう」と考えたそこのあなた、メリットだけではありません。

人間の体はアルコールの量になれるのが早いため、すぐに効かなくなってしまいます。お酒に頼りすぎると、自然と酒の量も増えてゆき、最終的にはアルコール依存になってしまうかもしれません。

さらに、お酒が効くのはあくまで入眠のときだけなのです。

お酒を飲むと睡眠の質が浅くなる?

質の良い睡眠とは、浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠が交互に繰り返されることです。

しかし、アルコールを摂取して眠りにつくと、アルコールを分解するため体が活発になってしまいます。

そのため、深い眠りであるノンレム睡眠が減少してしまうのです。浅い眠りが続いてしまうと、脳や体がきちんと休息されません。

起きたとき体がダルイなんてことはありませんか?

それは、もしかするとお酒が原因かもしれませんよ。

また、お酒を飲むと尿意が出てきますよね。これは寝ているときも同じです。

尿意のせいで起きてしまうこともあり、結果的に眠りが浅くなってしまうのです。

眠る前のお酒はほどほどに!

眠る前のお酒はなるべく控えるのがいいでしょう。もし、飲む場合でもほどほどにしておいた方が良いです。

広告

-睡眠

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.