漫画

10年同棲した彼氏に振られる漫画『同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました』感想

更新日:

おりはらさちこの『同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました』というエッセイ漫画を読みました。

タイトルで何もかも詰まっていて、読む前から「マジか……」となりますね。

「同棲終了」について書いたエッセイ漫画は、あんまりないような気がして、思わず手にとってしまいました。

漫画の流れとしては、「馴れ初め~幸せな同棲生活~修羅場~一人暮らしへ」というような感じです。

 

 

幸せな生活は唐突に終わる

相方(彼氏)との馴れ初めからこの漫画は始まります。

声優を目指すために状況した作者と、友人と一緒になんとなく上京した相方。

2人は同じカラオケ屋のバイトとして出会い、付き合い始めて1ヶ月で同棲生活がスタートします。

同棲生活の内容は、ブログ記事の再掲という形でのせられています。

何というか微笑ましいという感じです。

別れる半年くらい前も普通にラブラブしていて、切なくなりますね。

「気になる人ができた」という相方

同棲生活も10年目を迎えたある日、相方から「気になる人ができた」と告げられます。

その相手は、職場の後輩で14も下だというから驚きです。

そのカミングアウトの一ヶ月くらい前に、「バレンタインに手づくりチョコを貰った」という話があるんですよね。

相方が「気になる人」といっていたのは、その手づくりチョコを作った女性です。

めちゃくちゃ悪い言い方をすれば、相方は「若い女性」を選んだわけです。

だけど、作者はこの段階では、まだ幸せな日常が続くことを願っています。

大丈夫、きっと笑い話になる

その為にも、日常を続けていなければ

これが結構重いな、と思いました。

同棲解消――一人暮らしへ

アパートの契約更新とも重なり、2人は別れることになります。

傷ついた作者は、元相方に少しでもダメージを残そうとするのですが、結局ほとんど効果はありません。

作者であるおりはらさちこは一人暮らしへ。

一人暮らしをしていくうちに相方の存在が薄くなっていくのが、リアルだなと思いました。

感想

作者は漫画家を志して、ラブラブ同棲生活を漫画にするんですが、原稿を持っていっても相手にされません。

それが「同棲解消」となると漫画になるというのは、すこし悲しいですね。

ただ、作者のおりはらさちこさんは良くも悪くも普通の人だなという感じがしました。

普通の人の分、唐突感も含めてリアリティがありましたね。

 

広告

-漫画

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.