漫画

10巻以内に完結するオススメ漫画20選

更新日:

今日は、10巻以内に完結するおススメ漫画をご紹介します。

なぜ、10巻以内かというと、それくらいの巻数だと綺麗にまとまっていることが多いからです。

あと、一気に読むことができるのもメリットかなと思います。

何十巻も続く漫画も好きなのですが、新刊が中途半端に終わると続きが気になってしまいますよね。

ぜひ、これから漫画を読むときの参考にしてください。

 

10巻以内に終わる日常系のマンガ

タビと道づれ 全6巻

あらすじ

タビは大切な人「コウちゃん」に会うために、いつもとは反対の電車にのった。
故郷の緒道へと帰ってきたタビだったが、街には異変が発生していた。
「この街の路は人を喰うんだ。この先へは進めない」
同じ毎日をリピートし、行くことを阻む町。
この閉ざされた世界で、タビは大切な人に再会できるのか?

オススメポイント

タイムループ系のミステリーでありながら、登場人物の心情が丁寧に描かれた名作です。

孤独、劣等感、嫉妬……誰でも一度は感じたことのある負の感情に対して、すっと光が射しこむような言葉が投げかけられます。

ミステリーとしてもおもしろく、物語が進むにつれて「どうして緒道が一日を繰り返すようになったか?」が少しずつ紐解かれていきます。

タイムループのからくりが明かされたとき、月並みな言い方ですが、とても感動しました。

同作が気に入った方は、同じ作者の『すみっこの空さん』もオススメです。

 

ネコあね。 全6巻

あらすじ

主人公「銀ノ助」は、祖母と飼い猫「杏子」とのんびり暮らしていたのだが、ある日、目を覚ますと杏子が人間になっていた。
それから杏子は姉として銀ノ助を見守るようになり……。

オススメポイント

擬人化作品はいっぱいあるのですが、主人公に対して姉として接するというのが珍しいです。
ラブコメというよりかは、人間とペットの絆、家族愛を描いた作品なので、女性でも楽しめると思います。

次第に切なくもなってくるのですが、ほのぼのと温かい漫画です。
猫好きには是非オススメします。

 

 

第七女子会彷徨 全10巻

 あらすじ

「友達選定」という制度がある世界でのお話。
それで運命的にペアになった高木さんと金やんという女子高生。
死んでも「デジタル天国」があったり、異星人が侵略してきたり、そんな不思議な世界で2人は今日も平凡な高校生ライフを送っている。

オススメポイント

「少し不思議」で表現されるような日常系漫画です。
基本的には1話読み切りになっており、そのたびに不思議な出来事や、近未来的グッズが登場します。
不思議でかわいい世界観が好きな方にオススメします。

日常漫画だけにとどまらず、物語が進むにつれて高木さんの過去が明らかになったり、と感情に訴えかけるようなものになっていきます。
読み始めたら、最後まで読むことをオススメします。

 

土星マンション 全7巻

あらすじ

地球全体が保護地域となった時代。
人間は地上遥か3500メートル上空の建造物で暮らしていた。
中学卒業と同時に窓拭きの仕事についた少年ミツは、宇宙服を着ながら今日も作業を始める。
ミツの父親はこの仕事で死んでいた。

オススメポイント

宇宙服を着ながら窓拭きという設定が独特でおもしろい作品。
岩岡ヒサエのほのぼのとした絵柄で語られるのは、なかなかシリアスな内容です。

SFでもあるのですが、そこで暮らしている人々の悩みや苦しみはかなりリアルで、考えさせられます。
地球は美しく、残酷でもある。
光と影が入り混じった作品です。

少女終末紀行 全6巻

オススメポイント

退廃した世界をケッテンクラートに乗って旅していく少女2人の物語です。

多くは語られませんが、それゆえに想像力を掻き立てられる作品でしょう。

うさぎドロップ 全10巻

 

 

オススメポイント

映画化もされた人気作品。

お爺さんの隠し子だったりんと、独身男大吉との交流が描かれています。

ラストは賛否両論なのですが、個人的にはこのラストもありでした。

どんな終わり方をするのか、実際に読んで確かめてください。

若林くんが寝かせてくれない 全5巻

 

夜中眠ることができないためいつも眠たい須進先生と、その須進先生の睡眠を妨害する若林くんという生徒の攻防を描いた作品です。

設定からして既におもしろいのですが、とにかく若林くんをはじめ登場人物がみんなかわいいです。

 

10巻以内に終わるギャグマンガ

サナギさん 全6巻

あらすじ

中学一年生のサナギさんには、フユちゃんという親友がいて、2人は今日も仲良くおしゃべりをしている。

 オススメポイント

4コマのギャグ漫画ですが、どことなく哲学を感じさせられる作品です。
大喜利のようであり、日々の新しい発見でもあり、いつもの日常に違う視点を持ち込んでくれます。

スリッパ=英語
アメリカ人=常に土足

アメリカ人はいつスリッパを履くんだろう?

そういえばなんでだろう? という気づきをたくさん与えてくれるのがすごいと思います。

ワードセンスがとにかく抜群で「どんな無気力な人でも位置エネルギーはすごい」とか、作者の頭はどうなっているのだろうかと驚異を感じますね。

日常 全10巻

 

オススメポイント

日常の面白さはなんと言ってもボケの破壊力だと思います。

数打ちゃ当たる感はあるのですが、ハマったときはずっと笑ってしまいます。

ギャグ漫画にも関わらず、キャラクターがかわいいのも良いですね。

24のひとみ 全6巻

オススメポイント

ひとみ先生がとにかく嘘をつきまくるのですが、その徹底ぷりが良いです。

日常会話はもちろんのこと、引きこもっている生徒に対しても容赦なく嘘をつきます。

まるで、平成のソクラテスです。

ギャグマンガなのですが、「真実ってなんなんだ?」と思わず考えてしまいます。

るみちゃんの事象 全7巻

オススメポイント

るみちゃんの破天荒ぶりが最高です。

とにかく隙あらば、るみちゃんはボケます。しかも、なかなかセンスのあるボケをしてきます。

Kindleで1巻を購入したのですが、あまりの面白さに翌日には全巻ポチってしまっていました。

かなり中毒性があるので注意です。

スミレ16歳!! 全5巻

オススメポイント

女子高生の人形が主人公というかなりシュールなコメディ漫画です。

女子高生の人形スミレを操るおっさんがいるのですが、どんなことがあっても喋りません。

はたから見ると変態でしかないのですが、そのおっさんがスミレを通して、めちゃくちゃ正論を吐きます。

スミレを通して友だちが増えていくのは、なかなか感動的です。

平成生まれ 全2巻

オススメポイント

平成生まれはスカした感じの笑いが多いですね。

4コマのオチで言えば、普通はわかりやすいところを、想像させるようなオチになっています。

好きな人にはたまらない笑いだと思います。

私もハトポポコ先生のファンです。

10巻以内に終わる恋愛マンガ

ライアー×ライアー 全10巻

冗談で女子高生の格好をしたら、まさか義弟にナンパ

されてしまうという恋愛コメディ漫画。

ハレグゥの作者ということもあって、とにかく個性的なキャラクターが多いです。

「バレる?バレない?」という瀬戸際のピンチが面白いですね。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

金田一蓮十郎の『ライアー×ライアー』は男でも楽しめるラブコメ漫画

続きを見る

 

おじさんとマシュマロ 全5巻

 

『おじさんとマシュマロ』は、マシュマロ好きなおじさんと、クールビューティーな女性社員とのラブコメディを描いた漫画です。

どちらかといえばギャグよりなのですが、恋愛要素もちゃんとあります。

とにかくヒゲさんと若林くんがかわいい作品です。

 

10巻以内に終わるエッセイマンガ

岡崎に捧ぐ 全5巻

オススメポイント

1990年代くらいには、たまらないエッセイマンガですね。

山本さほと、岡崎さんの友情とか。ゲームのあるあるとか。

とにかく山本さほが良い意味でバカで楽しいです。

かくかくしかじか 全5巻

 

オススメポイント

作者の東村アキコと絵画教室の先生との交流が描かれています。

笑えるシーンも多いのですが、巻数が進むごとにシリアスにもなっていきますね。

最後の方は涙なしでは読めないです。

絵描き志望は見ておいた方が良い作品です。

うちの妻ってどうでしょう? 全7巻

オススメポイント

とにかく妻がかわいいです。

些細な日常を切り取るのが上手いですね。

いきなり作者の福満しげゆきが主張し始めたり、コマ割りが独特だったり、サブカル好きにはたまりません。

ラストガロという名言が好きです。

まとめ

いかがでしょうか? 知っている作品もあったかと思います。

是非まとめて読んでみてください。

どれも私にとって大好きな漫画なので、どれか気に入っていただけると嬉しいです。

広告

-漫画

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.