文学

第161回芥川賞受賞作予想

投稿日:

こんにちは、もちちべです。

芥川賞は他の文学賞に比べると、知名度が高い賞なので、注目している人も多いかと思います。

2019年上半期で第161回目を迎えました。

161回の候補作はこちら

今村夏子「むらさきのスカートの女」

高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」

古市憲寿「百の夜は跳ねて」

古川真人「ラッコの家」

李琴峰「五つ数えれば三日月が」

古市憲寿はテレビにもコメンテーターとしてよく出ているので、知っている人も多いかなと思います。

読書好きであれば、今村夏子は有名でしょう。

候補作の感想

今村夏子「むらさきのスカートの女」

あらすじ

「むらさきのスカートの女」のファンである「わたし」こと「黄色いカーディガン」は、彼女と友達になるためにあることを思いつくのだが……

「むらさきのスカートの女」は今村夏子らしい不気味な感じユーモアが溢れた小説でした。

ただ、初出が「トリッパー」ということもあり、少しエンタメ寄りかなという感じです。

「小説の余白」があんまりないため、今村夏子ファンには物足りないかもしれません。

今村夏子は今作で3回目の候補であり、回数的には今回受賞する可能性があります。

nemui

一人称小説なのにほとんど存在を感じさせない「わたし」の描き方が不気味ですごい……。

終盤、わたしが物語に介入したときの面白さは最高。

 

高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」

あらすじ

「私」は電車の事故のため、喫茶店へと立ち寄る。そこで出会った店員のイズミと仲良くなる。彼女は写真家だった。イズミの撮ったデモの映像の中で、偶然にも高校時代のクラスメイトであるニシダを発見する。

「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」の主人公である「私」は、小さいころからあるトラブルに見舞われているのですが、その描き方がかなりさっぱりしているのが特徴です。

また、ヘルメット、お婆ちゃんの背中や、雪虫、といった一見何の繋がりもないようなイメージを想起させることで、幻想的な雰囲気も醸しだしていますね。

木下古栗ほど突飛ではないですが、かといって「人間を描いている小説?」と問われると違うと思います。

紛れもない現代文学なのですが、ところどころ近代文学っぽさもある不思議な小説でした。

nemui
『お腹なめおやじ』には笑う

 

古市憲寿「百の夜は跳ねて」

あらすじ

エリートになるはずだった僕は就活に失敗し、高層ビルの窓拭きの仕事をしている。窓ガラスの向こうにいる老女と目が会い……。

老女から「高層ビルに住んでいる人の記録(写真)を撮ってほしい」と頼まれるのだった。

「百の夜は跳ねて」は、一言でいえば「綺麗な小説」だと思います。

この小説のメインとなる登場人物は「主人公の窓拭き青年」と、「空き箱に囲まれて一人で生活している老婆」です。

その老婆から盗撮を頼まれるというのが大まかな話なのですが、2人とも何というか純粋なんですよね。

盗撮を続けることで窓拭きとしての自分に誇りを持ちはじめる、というのが逆説的で良かったな、と。

やっていることは「悪いこと」なんですが、内容自体はものすごくほっこりする話というギャップがあります。

小説としても良く出来ています。エンタメとして読んでも基準をクリアしている面白さがあると思います。

nemui
ラストの「街」のシーンが綺麗

古川真人「ラッコの家」

あらすじ

老女のタッコは目が不自由なため、2人の姪と生活を送っている。姪の子供たちも一緒に御飯を食べに来たり、ささやかな日常が繰り広げられる

「ラッコの家」は、小説を読み慣れていない人には難しいと思います。

「視覚が不自由な老女の意識の流れ」を書いた小説なのですが、夢と現実が混ざりあうような描写になっていきます。

個人的には「あと30ページくらいあると良いな」と思いました。

試みはスゴイのですが、成功しているとは思えませんでした。

もし「タッコの家」が行くところまで行っていれば、「ラッコの家」一択でしたね。

李琴峰「五つ数えれば三日月が」

 

あらすじ

日本で働く台湾人の私。
台湾人と結婚し、台湾に移り住んだ日本人の実桜。

大学時代の友人同士だった2人は再会するのだが、私は「ある思い」を抱えていた。

異郷に住むことになった人たちを描いており、LGBTについても描いてある。

「文学」ということで評価するのであれば、一番「文学」をしている小説だと思いました。

巧いといえば巧いのですが、それ以上でないのが惜しいです。

料理も言語も文化も性も、テーマとして昇華しきれておらず中途半端な印象を受けました。

芥川賞予想

今回は予想するのがすごく難しいと思いました。

「受賞作なし」もあるかなという印象です。

小説の完成度だけとれば「百の夜は跳ねて」かな、と思います。

人間や社会問題についても描いてある点が、ポイント高いかなと。

 

広告

-文学

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.