読書

猫になることができる小説5編

更新日:

軒下でのんびりしている猫を見ると、自分も一度は猫になってみたいと思いませんか?

現実ではもちろんそんなことは不可能ですが、フィクションの中では可能です!

というわけで今回は猫になることができる小説を5編集めてみました。

猫好きな方も、小説好きな方もぜひ参考にしてください。

猫になれる小説5選

ポール・ギャリコ『ジェニィ』

 

猫好きと知られた小説家ポール・ギャリコの名作小説です。

主人公は猫になって大冒険します。

いじわるな猫が現れたり、かわいい猫が現れたりします。

普通におもしろい冒険小説です。

ちなみに、作者のポール・ギャリコは、『猫語の教科書』というユニークなノウハウ本も発表していますよ。

ジャンニ・ロダーリ『猫とともに去りぬ』

 

こちらは短編です。表題作である「猫とともに去りぬ」は、家出をしたおじいちゃんが猫になるというお話です。

広場には、同じように人間が嫌になって猫になった人たちが大勢います。

おじいちゃんはその群れの中に入り、猫ライフを楽しみます。

5分で読める長さでありながら、ユーモアと愛に溢れていて大変にオススメです。

西澤保彦『いつか、ふたりは二匹』

西澤保彦はミステリー作家として有名な人物です。代表作の『7回死んだ男』もそうですが、ユニークな小説が多いのが特徴と言えるでしょう。

『いつか、ふたりは二匹』の主人公である男の子は、眠りにつくと猫の体に乗り移ることができます。

男の子はこの能力を活かして、猫になって悲惨な事件を解き明かそうと奮闘します。

ほのぼのとした要素もありながら、毒も含まれており深みのある小説です。

ラストには、驚きの展開が待っています。

小路幸也『猫と妻と暮らす』

 

自分ではなく妻が猫になってしまう小説です。

一風変わった世界で、心あたたまります。

保坂和志『明け方の猫』

いままであげた4つの小説がキャラクター的な猫に対して、『明け方の猫』は猫になったときの感覚がリアルに描かれている傑作です。

本格的に猫になりきることができます。

現代文学ということもあり文章がやや難しいですが、読んでいて不思議な感覚になること間違いなしです。

人間と猫の違いを改めて実感します。

おわりに

猫になることができる小説5編紹介しました。

どの小説も普通におもしろいです。

機械があれば、ぜひ読んでみてください。

広告

-読書

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.