漫画

『王様ランキング』第5巻 感想

投稿日:

王様ランキング第5巻を読みました。

少しずつ、黒幕とも呼べるミランジョの人物像が明らかになってきていますね。

物語はここから本番なのかもしれません。

主人公であるボッジとその相棒であるカゲは、ほとんど登場しませんが、ストーリー上では重要な巻ですね。

いまのところ、ボッスはミランジョの味方です。

しかし、100%ミランジョに味方しているわけではなく、色々と根回しをしています。

ボッスは、何かしらの理由でミランジョに従っているのでしょう。

それは「愛」かもしれないし、「罪悪感」かもしれませんが、ボッスとミランジョの過去も気になるところです。

ヒリングを命がけで護衛するドルーシ

王様ランキング第5巻では、ヒリングとその護衛であるドルーシの過去も描かれています。

ドルーシは、王の護衛を外されました。

そしてヒリングの護衛をすることになったのですが、そのことにドルーシは「王の信頼を失った」と嘆き悲しみます。

しかも、ヒリングは見るからにきつい性格。

しかし、次第にヒリングが本当は優しい人間であることに気づきます。

 

そして、過去のシーンから、現在へ。

ミランジョが解き放った4体の魔物から、ドルーシは命がけでヒリングを護衛いたします。

自然と涙が流れる名シーンですね。

ダイダと過去のミランジョの出会い

ダイダは真っ暗闇の中にいます。

「兄者もこんな気持だったのか」と思うダイダ。

仮面をかぶった少女に出会います。

少女はたくさんの人間から迫害を受けていました。

ダイダは、少女を守ることを決意。

ダイダと、少女――ミランジョ――の出会いが描かれます。

しかし、このミランジョは、幼少期のころのミランジョだと思われます。

鏡(現在のミランジョ)への怒りをつのらせつつ、過去のミランジョを守ろうとするダイダ。

自分が守ろうとしている少女が鏡だと知ったとき、ダイダがどんな行動を取るのかが楽しみです。

 

番外編のボッジのかわいさ

番外編では修行中のボッジが描かれています。

修行中に小石につまづいて転んでしまったボッジは、その小石が気に入って持ち帰ること。

しかし、小石もお家に帰りたいと考えたボッジは、もとの場所に戻してあげます。

ボッジの優しさと無邪気さが描かれた良いストーリーですね。

まとめ

いやはや、これからどうなって行くのか楽しみです。

今回はボッジ成分が足りなかったので、王様ランキング6巻にはいろいろな意味で期待したいところ。

”王の凱旋”が楽しみです。

 

広告

-漫画

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.