漫画

マシュマロ大好きおじさん×クールな美人OL『おじさんとマシュマロ』感想

投稿日:

おじさんとマシュマロ

マシュマロ大好きなおじさんが後輩の女性社員に振り回される漫画『おじさんとマシュマロ』を全巻(1~5)読みました。

1巻を何となく読み始めたのですが、見事にどストライクでした。

おじさんと若林くんが可愛すぎる。

この漫画の主人公は、ヒゲさんこと日下幅広という中年サラリーマンです。

ヒゲさんは大のマシュマロ好きであり、とくに「食べっこマシュマロ」を好んでいます。

そんなヒゲさんに好意を寄せているのが、美人で冷静な女性社員の若林くんです。

とにかくヒゲさんの気を引こうと、マシュマロで釣ったり、ちょっかいを出してきます。

『おじさんとマシュマロ』は、そんな2人のラブコメディと言ってもいいでしょう。

『おじさんとマシュマロ』の魅力

ヒゲさんのマシュマロ愛がすごい

この漫画の主人公であるヒゲさんは、とにかくマシュマロが大好きです。

月1でマシュマロの工場に見学するレベルです。

しかも、マシュマロの匂いを瞬時に嗅ぎ分けることができます。

漫画の中には美味しそうなマシュマロがたくさん登場します。

個人的にはマシュマロそこまで好きではないのですが、この漫画を読んでいるとマシュマロが食べたくなりますね。

キャラクターが魅力的

1巻登場時はただの角刈りおじさんという感じだったヒゲさんも、巻数を重ねるごとに可愛く見えてしまうから不思議。

若林くんとのマシュマロ攻防が本当に微笑ましいです。

主役級のヒゲさんと若林くんの可愛さはもちろんのこと、『おじさんとマシュマロ』はサブキャラクターも魅力的ですね。

若林くんの弟「若林 勇」

ヒロインである若林くんの弟なのですが、自分をイケメンだと思っていたり女装するのが好きだったり、なかなか個性的な弟です。

ヒゲさんと姉(若林くん)の恋愛を妨害しようとするのですが、ヒゲさんの優しさにトキメイたりとそっちのけを見せてきます。

最終的には、ヒゲさんの会社の社長と良い感じになったり、最後までネタのつきない弟でした。

MIO5(みおこ)

若林くんのライバルとして登場するイラストレーターです。

田舎娘のように「オラ」という一人称を使用したり、「デガス」という語尾をつけたりします。

電車の中でヒゲさんから痴漢を助けられたことにより(ヒゲさんはマシュマロを拾おうとしただけ)、恋心を抱くようになるのですが……。

なんというか面白い生き物ですね。

ネタバレあり感想

 

ここからはネタバレありになります。

4巻の終わりでとうとう付き合うようになったヒゲさんと若林くん。

富士山旅行でヒゲさんも若林くんのことを意識しだして、良い感じに進行します。

しかし5巻で、最後のライバル九条さんが登場します。

九条さんは、ヒゲさんが小学生のときにマシュマロをプレゼントしてくれた初恋の相手。

いまは、マシュマロを販売している元気田堂の社長です。

お互い初恋の相手、かつ、マシュマロ好きという、若林くんにとって最大のライバルが登場するわけです。

九条さんは、若林くんをマシュマロバイキングに誘い告白します。

結局それは失敗してしまうのですが、九条さんはヒゲさんに「彼女のどこが好きなの?」と聞かれます。

そのあとのヒゲさんの台詞がかっこよすぎます。

実はヒゲさんが若林くんのことをちゃんと見ていて好意を持っていることがわかるんですよね。

普通に読みながら泣きました笑

本当に良い漫画だと思います。

 

 

広告

-漫画

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.