旅行

「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」は、ちょっとしたテーマパークだった

更新日:

みなさん博物館は好きですか?

博物館って面白いんだけど、なんというか頭を使うイメージがありますよね(馬鹿の発想)

興味のあるジャンルだったらいいですが、全く興味が無いとちんぷんかんぷん。

1人ならまだゆっくり解説を読んで勉強するということもできます。

しかし、デートで相手が退屈していたらちょっと焦りますよね。

そんな「博物館=難しそう」というイメージをぶち壊したのが、大人も子どもも楽しめる「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」です。

巨大テディベアにびっくり

入るとかわいいテディベアがいっぱい飾られたゾーンがあります。

西洋風を感じさせる面白い空間です。

巨大なテディベアもあり、なんというか圧倒されます。

このラスボス感がたまらない……

女子はテンション上がること間違いありません。

昭和にタイムスリップ

テディベアを越えると、いきなり昭和の商店街が広がっているのです。

私は平成生まれなのですが、こういった光景を見るとノスタルジーを感じるのはなんでなんでしょうか?

古き良き時代という感じがします。

広告や看板も当時を再現してあり、歩いているだけでも楽しい空間です。

上の画像を見てもらうと、「懐かし屋」と書いてありますね。昭和の「懐かしい」とは、一体何なのかちょっと気になりますね。(この記事を書いているときに気づきました)

この昭和レトロゾーンには、昔のおもちゃが大量に展示されています。

駄菓子屋のセットや、民家のセットもありました。

それ以外だと、昔の芸能人のブロマイドがありましたね。

ドリフターズや、アントニオ猪木、西城秀樹の若かりし頃の写真が飾られています。

今と比較してみると面白いかもしれませんね。

ちなみに、昭和商店街のゴールにはゲームゾーンが待ち構えています。

見てください。すごくないですか?

至る所にゲームソフトがペタペタ貼られています。

最近ではファミコンミニなど、昔のゲームに注目されているので、ぜひ見てほしいですね。

私の世代はプレイステーション2が全盛期の時代なので、テンション上がりました。

自分がプレイしていたゲームを探すという遊びだけで、かなり時間を過ごせそうです。

山本さほ先生にぜひ来てもらいたい……

クラシックカーゾーン

昭和の街並みを超えたら、クラシックカーゾーンに突入です。

当時の新聞も飾られていて、いかに新しい車なのかということを読むことができます。

出た当初は画期的だったのでしょうね。

私は車に詳しくないため、普通にかわいい外観だなあと思ってしまいました。

ただ、椅子はめちゃくちゃ硬そうです。長時間乗っていたら尻がフライパンになりそう。

クラシックカーゾーンは二階と三階もあります。イニシャルDの展示もあるので、ファンは必見かもしれません。

外へ出ると映画のゾーン突入

まさかまさかの映画ゾーンもありました。

外へ出ると、スパイダーマンが2人お出迎えです。

他のヒーローを並べるのではなく、スパイダーマンを増やすというところに、館長の愛を感じました。

犬の置物がそれぞれついてますね。

俺がスパイダーマンを守るワン、とでも思っているのでしょうか?(冗談)

迷路みたいなところをぐんぐん進んでいきます。

映画のポスターが飾られていますね。

映画好きにはたまりません。

往年の名作のポスターがたくさんありました。

草木の中を進んでいくので、ちょっとした冒険感もあります。

アメリカのルート66を再現しているようです。

ちなみに、なぜか最後にカメとコイが待っています。

再び昭和へ

建物の中に戻ると、駄菓子屋エリアが待っています。

その先は昭和の映画館ですね。昔の日本の映画ポスターが飾られています。

そこも越えると、再びテディベア。そして、お土産屋さんがあります。

ワインやビールを楽しめる空間へ

お土産を購入したら、次は海外風のお洒落な街並みへ。

やっぱりセットの作りがすごいです。体感型の博物館という感じがしますね。

さて、お気づきになられたでしょうか?

画像の真ん中あたりに注目してください。

はい、ここにもスパイダーマンがいますね。壁を登っています。

まさかの3人目の登場です。

ちなみにここでは、ワインやコーヒー、ソフトクリームを楽しめます。

キューピーの絵付けをしよう!

最後にキューピーの絵付けを体験することができます。

ちなみに、キューピーは入館すると貰えますよ!

私も体験してきました。

上のキューピーが最初の状態です。

カラーペンが置かれているので、好きなように色をつけていくことができます。

この絵付け体験は、結構楽しいです。

子供はもちろんそうなのですが、大人の方が熱中してしまうかもしれません。

私も夢中になってしまいました。

さて、こういのはコンセプトが大切ですよね。

私が持っているキューピーのイメージは、何と言っても抜群のかわいさ

かわいいをコンセプトに、カラーペンで塗っていきました。

目をぱっちりさせ、

スタイリッシュな髪型にし、

雪のような純白の肌にし、

出来上がったのが、こちらです。(閲覧注意)

か、かわいい…

少しミスった感はあるのですが、なかなかの愛くるしさです。

みなさんも、自分なりにキューピーを作ってみてください。

さいごに

大満足の「おもちゃと人形の博物館」でした。

伊香保に訪れた際は、ぜひ足を運んでみてください。

広告

-旅行

Copyright© ロジカルロジック , 2020 All Rights Reserved.